×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あがり症 原因

サイトマップ

あがり症になる原因

あがり症になる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)には、一体どんなものがあるんでしょうか?

あがり症の症状といわれるものは多種多様なものがありますが、どれも不安に思う事が多い気持ちが根本にあるとされています。

例えば、過去に大きな失敗をしてしまうと、また同じような失敗をしてしまったりするのではないだろうかと不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)に陥ってしまい、あがり症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を引き起こしてしまうことがあります。

失敗をしてしまうという悪いイメージを頭の中で想像してしまい、その想像が大きく膨らんでしまって離れなくなり、失敗することが当然の様に思えてしまう悪循環(あることが悪いことをもたらし、さらにそれが悪いことをもたらすことを繭り返している状態をいいます)に陥ってしまうのです。そのようなマイナスの自己暗示が、極度の緊張と不安を招いてあがり症になっていくと言われています。

また、今まで経験したことのないことや慣れていないことをしようとするときは、始めのうちは誰でも不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)に感じるものです。自分はきちんとできるのか、やり遂げられるのか、そのような不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)に陥り、あがり症の症状を引き起こしてしまうこともあります。

特に、日ごろから苦手意識を感じて、なるべく避けてきたことに直面すると、あがり症の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が強くあらわれる事もあるかもしれませんね。

最後に、プライド(野島伸司さん脚本・木村拓哉さん主演の月9ドラマとして人気を博しました。ヒロインの竹内結子さんを始め、坂口憲二さん、市川染五郎さん、佐藤浩市さんなどの豪華キャストも話題でしたね)が高い人や責任感が強すぎる人もあがり症を引き起こしやすいになっているでしょう。プライド(自分に自信があるほど高くなる傾向があるでしょう)が高い人は、自分を良くみせようとか、恥をかかないようにしようという気持ち(その時々で変化していくものです)が強くなりすぎてしまい、失敗に対して不安と恐怖を抱き、あがり症を引き起こすのです。

責任感の強すぎる人も、失敗することに強い拒否反応を持っており、無理をしすぎてあがり症を引き起こす事もあるそうです。


>>NHKに出演!金井式あがり症教材

「金井英之のあがり症克服法」について

あがり症を克服したいと思う方にとって、金井英之さんは頼りになる人物ですね。あがり症克服のプロが伝授するあがり症克服法として評価の高い「【あがり症克服】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法」が強い味方になると思います。
トーク&コミュニケーションアカデミーを設立し「話し方教室」等で多くの方のあがり症を克服した実績は信頼できますね。

Copyright © 金井英之のあがり症克服法. All rights reserved