×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あがり症 遺伝

サイトマップ

あがり症は遺伝する?

親があがり症だった場合、遺伝してしまうのか気になってしまいませんか。そもそもあがり症とは、遺伝するものなのでしょうか?どうやら、あがり症が遺伝するものかどうかは、色んな諸説があり、はっきりと断定できるものではないかもしれませんね。

医学的な観点によって話を行うと、あがり症の原因は、脳の中で作られるノルアドレナリンといった神経伝達物質が影響していると言われているようです。このノルアドレナリンは、緊張や不安などのストレスを受けたときに放出して、神経を興奮させる交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)を活性化させ、心拍数や血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)、体温などを上昇させる働きがあります。この交感神経が活性化しすぎることで呼吸が乱れ、声が出なくなったり体の震えが起きてしまうと言っています。

また、ノルアドレナリンとは違った働きをするセロトニンと言う物質もあるものです。セロトニンは、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の情報をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)して精神を安定させる働きがあります。セロトニン(原料となるトリプトファンという必須アミノ酸は、肉類に多く含まれているそうです)の分泌が少なく、ノルアドレナリンが多い体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)だった場合、あがり症になりやすい体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)だと判断できるのです。

日本人は、このセロトニン(ドーパミンやノルアドレナリンの効果を抑制したり、分泌量を減らします)の分泌が他の民族よりも少ないとされており、あがり症になりやすいといわれているのです。また、セロトニンの量は5−HTT遺伝子(最近では、肌に関する遺伝子を調べるキットも売られています)(セロトニントランスポーター)によって決められており、親の遺伝によって引き継がれていきます。

5−HTT遺伝子(遺伝情報を担っている主要となる因子だといわれており、DNAと表現されることもあるでしょう)の長さが短い人と長い人がいて、長い人は不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じにくく、逆に短い人は不安を感じやすいだと言えると思います。このことから、あがり症は遺伝とは無関係ではないということがわかります。

「金井英之のあがり症克服法」について

あがり症を克服したいと思う方にとって、金井英之さんは頼りになる人物ですね。あがり症克服のプロが伝授するあがり症克服法として評価の高い「【あがり症克服】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法」が強い味方になると思います。
トーク&コミュニケーションアカデミーを設立し「話し方教室」等で多くの方のあがり症を克服した実績は信頼できますね。

Copyright © 金井英之のあがり症克服法. All rights reserved